理学部化学実験室火災復旧に向けてのご寄付について


 皆様におかれましては益々御清栄のこととお慶び申し上げます。だだ、世界中で新型コロナウィルスの爆発的感染を受け、日本でも日々心配が絶えない今日この頃でございます。

 さて、ニュースや新聞等でご存知の方も多いと存じますが、平成30年12月5日(水)11時40分頃、理学部2号館4階の化学実験室から出火しました。危険物第3類(自然発火性物質および禁水性物質)と第4類(引火性液体)を取り扱う実験室でしたので、火は瞬く間に燃え広がり、出火10分後に到着した消防隊員も手がつけられない状況でした。火災は平日の授業時間中ではありましたが、幸いにも一人の怪我人を出すことなく、1時間半後には鎮火しました。
 現在、復旧に向けての瓦礫の撤去と洗浄・除染が終了した段階です。実験室の復旧にかかる費用の大部分は、大学が加入している火災保険でカバーできます。ところが、学生が使用していたノートパソコン(20台)や実験室備付けの器具類、高額な測定機器類などの復旧は保険の対象外となっていることが判明しました。
 皆様におかれましては、平成28年4月14、16日に起きました熊本地震で被災しました旧制第五高等学校化学実験場(重要文化財)の復旧に向けての多大のご寄付を賜りましたので大変恐縮ではございますが、この度の理学部本館で起きました火災復旧に向けて再びご寄付をお願いする次第です。

どうぞ本趣旨をご理解頂きますと共に、郵便局振替用紙(払込取扱票)にてご寄付を賜りますようお願い申し上げます。払い込みいただく際には振替用紙(払込取扱票:記号番号:01990-8-4833,加入者名:熊本大学理学部同窓会)に「火災復旧」とご記入下さいますようお願い申し上げます。

なお、本寄付は年度末確定申告の際の寄付金控除の対象とはなりませんので、この点もご理解いただきましてご寄付を賜りますようお願い申し上げます。

連絡先:
理学部同窓会事務局:096−342−3441(寺本 進)dopa@kumamoto-u.ac.jp
理学部同窓会会長:096-342-3374(西野 宏)nishino@kumamoto-u.ac.jp

令和2年4月10日

熊本大学理学部同窓会  
会 長  西野 宏  
第27回(昭和54年卒)



熊本大学理学部同窓会
〒860-8555 熊本市中央区黒髪2-39-1熊本大学理学部内
TEL・FAX.096-342-3441
E-mail.ri-dousou@kumamoto-u.ac.jp

Copyright © kumamoto-u-ri-dousoukai.jp All Rights Reserved.